FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Toll-like receptor (トールライク リセプター)

ざっくりと「免疫」といった場合、何を思い浮かべるでしょうか?

「麻疹(はしか)や水疱瘡に一回感染したら二回目は感染しないこと」

正解です。

一回感染したらその病原体には二度と感染しないというのは
初回感染でその病原体に対する「抗体」ができることに他ならない。
感染予防のためにワクチン接種が行われるのも、この「抗体」
を予め作らせることを意図している。

この種の免疫は病原体に感染したりワクチン接種を経験することで
それまで持っていなかった抗体を持つという意味で「獲得免疫」と呼ばれたり、
自分で能動的に抗体を作ったという意味で「能動免疫」と呼ばれたりする。

一般的に広く知られているのはこの「獲得免疫」であり、通常、免疫と
いった場合、この獲得免疫を指していると考えて差し支えない。
しかし、免疫はなにも獲得免疫がすべてではない。


獲得免疫とは異なり、そもそもヒトにはもともと備わっている
免疫というのもある。病原微生物を認識し、排除する免疫である。
そのメカニズムとは如何なるものか?

例えば細菌(バクテリア)は人の細胞のように細胞膜に包まれた細胞質があり、
細胞質内には核があり、その中には遺伝子が含まれている。
しかし、ヒトとは似ているといっても細胞膜の構成成分のパターンが異なっていたり、
遺伝子のパターンが異なっていたりする。
つまり、ヒトではありえない細胞膜構成成分を持っていたり、
ヒトではありえない遺伝子の配列パターンを持っていたりする。

ヒトにはこのようにヒトにはありえない微生物の構成成分パターンを認識し、
排除する免疫というのがあり、もともと生まれながらにして備わっていることから
上述の獲得免疫と対比して、「自然免疫」と呼ばれている。

自然免疫を担っているものの中で、最も有名なのは
Toll-like receptor (TLR)と呼ばれる一群のレセプターで
今日までに、TLR はヒトに関して 10 種類、マウスに関して 9 種類の性質が
研究されている。

なお、自然免疫はヒトにしかないように書いてきたが、実はそんなことはなく、
ショウジョウバエからヒトに至るまで多くの動物で認められる免疫である。

また、一見、自然免疫と獲得免疫は独立して機能するように思われるが、
実はリンクしており、自然免疫により異物を認識すると、そこから
活性化シグナルな伝わり獲得免疫を賦活化させるというメカニズムも
わかってきている。

この辺りは、後日、詳しく述べるつもりである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。