スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MHV-68

1980年、bank voleというマウスに似た野生の齧歯類(げっしるい)から
スロバキアの研究グループがmurine gammaherpesvirus 68 (MHV-68)を報告。
Blaskovic D, Stancekova M, Svobodova J, Mistrikova J.
Isolation of five strains of herpesviruses from two species
of free living small rodents. Acta Virol. 24:468. 1980

その後、MHV-68は種々の実験用マウスに感染することが示された。


MHV-68が持つ遺伝子を調べてみると、
その80%はEBVと、90%はKSHVと相同性がある。

Efstathiou, S., Y.M. Ho, and A.C. Minson. 1990. Cloning
and molecular characterization of the murine herpesvirus
68 genome. J Gen Virol 71:1355?1364.

Virgin, H.W. P. Latreille, P. Wamsley, K. Hallsworth,
K.E. Weck, A.J. Dal Canto, and S.H. Speck. 1997. Com-
plete sequence and genomic analysis of murine gamma-
herpesvirus 68. J Virol 71:5894?5904.

さらにMHV-68が感染する細胞は上皮細胞(epithelial cell)と
B細胞(B cell)であり、これはEBVがヒトにおける感染細胞と一致する。

EBV、KSHVといったヒトガンマヘルペスウイルスは通常マウスには
感染しないため、動物実験モデルが確立されていない。
しかし、MHV-68およびMHV-68感染マウスはin vivoでの
ガンマヘルペスウイルスの病態研究を可能にしたのである。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。